趣味の総合サイト ホビダス
 

2006年8月11日

♯17 浸水災害からガレージを守る“吸水バッグ”!

kyusuibag1.jpg

ガレージが浸水しそうな時、あなたはいったいどうする?
その答えがここにある!

大雨&長雨で、各地で洪水や浸水の被害があいついだ2006年の夏。あらためて自然災害の恐ろしさが感じられた。

もし、あなたの町で洪水がおきたら? もし、大切な愛車が入ったガレージが浸水しそうになったとしたら、あなたはいったいどうするだろうか? ただボーゼンと、愛車が水に浸かっていくのを眺めているしかないのだろうか?

いや、そんなことはない。そういった非常事態に活躍する便利グッズを発見した。それがこの“吸水バッグ”である。

これは、いわば簡易型の土嚢。通常は、例えるならペットのおしっこシーツのような状態で、サイズは42×57cm。保管しておくにもかさばらない。

kyusuibag.gif kyusuibag2.jpg

しかし浸水時に水に触れると、急速に大量の水を吸収し、どんどんふくらんでいく。その量20リッター、つまり灯油ポリタンク1本分膨らむのである。これを土嚢としてガレージ入り口に積んで浸水を防ぐのである。ワンセット20枚をフルに活用すれば、1列3段積みで、約3mの幅をカバーできるのだ。

ちなみに、このバッグの成分は赤ちゃんのおむつと同じもので、使用後に脱水する薬品もついていて処分もラク。燃えるごみに出してもいいし、土に埋めても無害で自然還元するそうだ。

通常の保管もラクで、いざというときには、土嚢のように土をいれたりという面倒なこともなし。ガレージへの浸水も土嚢なみにブロックしてくれる。しかも値段は20枚で3万3600円。浸水災害が起こりそうな地域では、保険と考えれば安いものではないだろうか。

もちろん、一般的に大型の吸水シートとしても、アイデア次第で色々と重宝しそうだ。

購入は下記ホームページより。

山下金物 給水バッグのページ

» 『ガレージングニュース』カテゴリ 全ての記事をみる
» 『ガレージングニュース』 トップへ