趣味の総合サイト ホビダス
 

2006年3月30日

シャッターの塗装 2

シャッターを塗装するのは可能でしょうか? どんな塗料を使ったらいいでしょうか。

既製品のシャッターは色の設定が多くはないので、自分好みの色にしたいと思うこともあるでしょう。

素人がDIYすることを想定するなら、1液型ウレタン樹脂塗料がいいと思います。まずシャッターの表面をよく洗浄し、サンドペーパーで全面を研磨して、シリコンオフで拭き取ります。次に“密着バインダー”を刷毛塗りします。そして乾燥後、塗料を刷毛塗りしていきます。2回塗りが理想ですが、厚く塗れば塗るほど割れやすく、はがれやすくなってしまいます。そのあたりの見極めは難しいですね。

また作業のタイミングも、なるべく直射日光が当たらず、風がホコリを運んでくることもないような日に行うのがベストです。塗料の乾燥時間に関しては、ケースバイケースです。塗料メーカーに問い合わせるのが確実だと思います。

ただし、シャッターのスラットのかみ合い部分など、塗装が非常に難しい部分もあります。このあたりの仕上がりがどこまでできるか、大いに疑問な部分はあります。きれいに仕上げたいなら、プロに任せたほうが無難です。プロなら、よりグレードの高い(しかし作業が難しい)塗料やスプレーなどを使って、プロならではの仕上げをしてくれます。

ただし、知っておいて欲しいのは、ノーマル状態は実はかなりいい塗装状態なのです。完璧といってもいいかもしれません。メーカーではスラット単体の状態で塗装しますし、この純正の塗装は後から塗るよりもグレードが高く、耐久性、耐摩擦性などが十分考慮されているものです。ヨゴレも落ちやすく、そのためこの上から塗料を塗ってものりは悪くなります。それでもあえて塗装するのがよいか、十分に検討して実施していただきたいと思います。

» 『ガレージドアに関して』カテゴリ 全ての記事をみる
» 『ガレージドアに関して』 トップへ