趣味の総合サイト ホビダス
 

2006年3月 9日

♯014 ソフト99 ’06春の新製品

この春の注目商品はなに?
まずは超カンタン光硬化パテ!

毎年毎年、進化し続けるソフト99のクルマ磨きアイテムの数々。この春も新製品が色々と発売されている。

その中でまず注目が、“99工房 光硬化パテ”

これは、2005年度大ヒットした同社の“エアータッチ”の関連商品。あの山口もえちゃんのCMでおなじみの“エアータッチ”は、シュッとひと吹きで女性でも簡単にタッチアップできる便利な商品だが、キズは通常溝になっていて、単なる塗装だけではこの溝を埋めることはできなかった。そこで“エアータッチ”をよりキレイに仕上げるためのパテの要望が多く、そこから誕生したのがこの“99工房 光硬化パテ”だ。

“エアータッチ”の下地処理として開発されたので、まずは何より使いやすさが重視された。それこそ女性でも作業ができるようにと、乾燥の仕方に工夫がされている。ペン状の先から細い線状にパテが出ていき、30秒程度はそのままの状態をキープするので、この段階で整形やはみ出た分の処理を行う。そして約1分が経過すると、もう硬化が始まっている。そして5〜20分で完全硬化という早さだ。

その秘密は“光硬化”にある。可視光線に反応するタイプなので、晴れた陽光の下での作業が理想的だ。また、防錆鋼鈑やアルミ、FRPなど、多様な素材に使え、肉ヤセしないのも大きな特徴といえるだろう。

ここまで使い勝手のいいパテなら、手軽にDIYに取り組んでみたくなるだろう。クルマの補修以外にも手広く使えそうだ。


“カラーエボリューション”にも注目だ!

ボディの細かな磨きキズをうめてくれる商品はこれまでにもあった。しかし、この“カラーエボリューション”はその能力をグンと高め、メーカー曰く「ケタ違いのキズ消し&カラー復元性能を実現」というほど。

“カラーエボリューション”は、超微粒子が塗装面の細かなキズに入り込んでうめてしまう。これはカラー顔料を含んでいるので、色あせぎみのボディにも深みのある色合いがよみがえるのだ。その微粒子をウレタン&アクリル樹脂でがっちりとした層を構成。さらにワックス効果もあって、一度でツヤのあるクリア層と表面の光沢を実現する。また、紫外線などからの保護効果もあって、仕上がり持続は1ヵ月という。

もうひとつの特徴は、作業性のよさ。伸びもいいし、拭き取りもカンタン。さらにスポンジ、拭き取りクロス、手袋までもついているから、これひとつで全てが完結してしまうのである。

キズ消しからカラー復元、ワックスがけ、ボディ保護効果と、これ1本で全てが済んでしまうという手軽さ、お得感。それが大きな特徴となっている商品だ。ちなみにカラーは、ホワイト、シルバー、ブラック、ブルー、レッドが用意されている。


もうひとつ、ワックスの最高峰“オーセンティック”のリニューアルも大きなニュースだろう。

カルナバ蝋を使った最高級ワックス“オーセンティック”が、リニューアルでさらにグレードアップ。

オーセンティックシリーズの“オリジナル”は、ヴァージンクリスタルホワイト・カルナバを使い、最高のツヤ、光沢を実現。その上で、伸びのよい作業性もバランスさせている。拭き取りもスムースだ。カルナバ蝋は元々は固いもので、これをそのまま使ったのでは作業性は非常に悪い。それを作業性のよさとどこまでバランスをとるかというのが、ワックスメーカーのウデのみせどころなのだ。

もちろんノーコンパウンドで全塗装色に対応している。専用のスポンジ、高品位のネルクロスも付属しているという凝りようだ。

その“オリジナル”のさらに上をいくのが“プレミアム”である。これは、ヴァージンクリスタルホワイト・カルナバの含有量を“オリジナル”の115%に高めた贅沢な仕様。ともに甲乙つけがたい仕上がりには違いないのだが、“オリジナル”がどちらかといえばクリアでシャープな光沢なのに対し、“プレミアム”の方はよりしっとり艶やかな仕上がりといおうか。含有量の差異により、多少性格的な違いがあるようだ。

そして今回、これらの最高グレードワックスをまずは手軽に体感してもらえるよう、ジュニア缶シリーズが用意された。“オリジナル”、“プレミアム”が200gのところ、ジュニア缶はそれぞれ110gとなっている。


以上、上記商品以外にも様々な新製品がリリースされている。詳細は2月末にリニューアルなったソフト99のコーポレートサイトにアクセスしてみてほしい。

» 『ガレージングニュース』カテゴリ 全ての記事をみる
» 『ガレージングニュース』 トップへ