趣味の総合サイト ホビダス
 

2005年12月 6日

♯007 月の土地が当たるキャンペーン

ブラック&デッカーの
月の土地が当たるキャンペーン。

1971年のアメリカのアポロ計画。人類が初めて月に降り立った。この時、様々な作業が行われ、月面で初めてコードレスドリルが使用されたのだ。このドリルこそ、アメリカ“ブラック&デッカー”製のものであった。

今回ブラック&デッカーでは、この出来事に基づくキャンペーン《ファインディング・ムーンドリル》を2005年12月1日〜2006年5月15日まで実施する。この期間中にブラック&デッカー製品を購入し、付属しているバーコードか、購入時のレシートをハガキ(店頭の専用ハガキか官製ハガキ)に添付して応募すると、抽選で35名に、『月の土地1エーカー』『限定復刻ドリル』をプレゼント!

『月の土地』はルナエンバシージャパンの権利書で、1エーカーという広さ。最近話題で、早いもの勝ちみたいな感があるが、もっていてもソンはないはず? いやいや、“夢”ですな。『復刻ドリル』は、ちょっとアンティークな感じのする昔デザインの希少なものだ。

その他、ラッキー賞として、『SX6000マルチツール』が60名に当たる。送り先は<〒171−0022 東京都豊島区南池袋1−11−22 山種池袋ビル4F ブラック・アンド・デッカー サービスセンター> 詳細はHP、http://www.blackanddecker-japan.com をチェック!


ブラック&デッカーの電動ツールは、インパクトドライバーが1万円前後と価格も手頃で、デザインもなかなかカッコいい。アメリカ†1の電動ツールメーカーなので、もちろん性能も一級品だ。これを機会に、電動ツール&DIYに手を伸ばしてみたらどうだろう。

» 『ガレージングニュース』カテゴリ 全ての記事をみる
» 『ガレージングニュース』 トップへ